沿革イメージ画像
沿 革
− JAFSAの歴史 −

当協会の設立に至る沿革としては、1965年7月に『外船代理店協議会』 (略称SACJ)として32社で設立されたものが起源となります。
その後、1977年からの急激な円高に対処する為に、当時の主だった定期船総代理店9社の社長によって意見交換が行われました。その席上、“この困難な状況下で、業界が健全且つ安定して経営を目指す為には、業界団体を設立して相互の信頼と親睦を築く事で真摯な意見交換が出来るようになる”との結論に達しました。
然しながら、9社が脱会して独自の協会を設立しても、業界団体の細分化になり、お互いの活動範囲が狭まるだけなので、経営問題等に関しても率直に話し合える団体に脱皮する為にSACJを発展的に解消し、1978年4月26日に外船代理店協議会(SACJ)の解散を総会にて全員一致で決議した後に、参加会員総数44社(内2社はオブザーバー参加)を以って外航船舶代理店業協会(JAFSA)が新しく発足致しました。
現在の会員数は正会員73社、支店会員31社、賛助会員12社の計116社に大きく発展しております。(2020年4月現在)

1965年
7月 外船代理店協議会(SACJ)設立
1978年
4月 外船代理店協議会(SACJ)の発展的解散の後、JAFSA(外航船舶代理店業協会)が発足
1990年
4月 FONASBAに加盟
2005年
10月 FONASBA年次総会が日本で開催される
2013年
10月 当協会の飯垣会長がFONASBA副会長に選出
アクセスフッターサークルボタン お問い合わせフッターサークルボタン JAFSAニュースフッターサークルボタン 刊行物フッターサークルボタン 各種資料フッターサークルボタン プライバシーポリシーフッターサークルボタン サイトマップフッターサークルボタン
アクセス お問い合わせ JAFSAニュース 刊行物 各種資料 プライバシーポリシー サイトマップ