『Standard Liner Agency Agreement』(定期船代理店契約書)
 これは当協会の設立直後に、わが国でも代理店契約の標準書式があれば外国船社からPROPOSEされるものより有利な契約が出来るのではないかとの発案により、原案書式を策定し、船社と代理店相互の信頼関係と利益共有の見地から(社)日本海運集会所の書式制定委員会に委託して詳細な検討と修正の上、日本海運集会所裁定書式として、関係者に頒布しております。

『Model Study for Liner Agency』(定期船代理店のコスト分析)
 なお、またこの書式制定と同時に、わが国で定期船代理店業務を行った場合、「どれほどのコストが掛かるか」を色々なケースを想定してコスト分析も行い、関係者に配布致しました。このModel Study for Liner AgencyはFONASBA総会でも参加者に配布した処、「非常に興味のある資料である」との高い評価を得ております。
 しかし、このコスト分析のプリントは原本が1部残っているだけのため、必要な会員等が何時でも使えるように〔pdfファイル〕としてご用意致しました。
Model Study for Liner Agency
 また、設立直ぐに導入された「消費税」に関しては海外船社の国内における諸業務について、国税庁消費税課と連日に渡り詳細な打ち合わせと折衝を行い次の諸資料と書式を現在も継続して全国の同業者に頒布しております。

『外船代理店業と消費税』
 これは外国船社にも日本の消費税を理解してもらうため、後半部分に英訳文も付けた消費税全般にわたる解説書で、同業者へ頒布を行いました。いづれも国税庁消費税課の承認済みのものです。

『輸出免税適用願書』
 船舶総代理店から副代理店への副代理店料等に関する輸出免税を適用するための要件を満たすための書式です。

『輸出免税対象取引であることの通知』
 本船の入出港に係る諸作業に関する輸出免税を適用すうための要件を満たすためのものです。

『Japan Port Information』
 この書籍は当協会の前身である外船代理店協議会当時から数年置きに出版を続けているは現在第16版を重ねております。外航船が入出港するわが国の主な港150余港についての英語による港湾案内で、広く諸外国の海運会社、及び船長に重宝がられております。

 


Copyright (C) 2014 Japan Association of Foreigh-trade Ship Agencies. All Rights Reserved.